はじめまして!肌改善してきた教科書プレゼント>>

高級日傘のサンバリアを迷っていた私が購入した理由【失敗談付き】

サンバリア

スポンサーリンク

じわじわと紫外線が増えてくる春頃から日傘をさし始める方が増えてきますよね。

 

紫外線対策は老化予防にも繋がるので日傘はぜひ積極的に使いたいUVブロックアイテムです。

 

その中でも日傘ブランドとして台頭を見せているのがサンバリアですね。

 

サンバリアは紫外線100%ブロックを謳っているので徹底的にUVブロックしたい女子には安心アイテムです。

 

元々ネットでも話題でしたが田中みな実さんがサンバリア100を使用していることを雑誌で紹介されてさらに有名になりましたね。

 

だけど気になるのがお値段ですよね。どれも一万越えと高級日傘商品です。

 

私もサンバリアの存在を知ったとき「欲しいな〜!」と思いましたが、パート主婦なので高額商品を買う時はかなり慎重になってしまいます^^;

 

なので本当に買う価値があるのか?調べて調べて、、

 

悩んだ結果、購入しましたが、、、

もっと早く買っておけばよかった!

と深く思いました!

 

そこで今回はサンバリア気になるけど迷ってる!という方向けに「私が高級日傘のサンバリアを購入した理由」を紹介します。

 

ちなみに日傘選びを適当にしてしまった結果、もう1本日傘を購入するハメになったので汗、

買い直さないための失敗談付きでお届けします。

[1]高級日傘サンバリアを購入した理由

まずは基本情報です。

販売元 サンバリア100
値段 11000円〜
種類 折り畳み〜普通タイプまで
様々な形式の日傘があります。
購入方法 公式サイトのみ
最安値 なし

 

では私が購入した三つの理由を紹介します。

1,紫外線を100%遮光できるのは強い!

momoがサンバリアと出会ったのは知り合いのエステティシャンが「ついにサンバリア購入しました〜!」とインスタに投稿しているのを見たのがきっかけです。

 

99%光カットの日傘はよく見かけますが100%カットは見たことなかったのですごく興味を持ちました!!

 

家の中にいても紫外線は入ってくるのに完全遮光ってかなり最強だなって。

 

でも正直99%と100%の差ってそんなに変わるの?と疑問に感じました。

 

だけどこの通り、


引用:サンバリア 紫外線(A波・B波)を100%カット

たった1%なのにこんなに変わるんですね。

 

日光アレルギーの方は紫外線99.9%カットの日傘でもアレルギーを起こす可能性が高いらしく、

「絶対に日に焼けたくない!」という方の為に作った日傘とのことでです。

 

なので紫外線A波・B波は100%カットできるようです。

 

それに紫外線の驚異は上からではなく地面からの跳ね返しからもやってきます。

 

サンバリアは傘の内側を黒にすることでアスファルトの照り返しも抑える仕様にしているとのことなので普通のものよりは安心できます。

サンバリア

 

この妥協なく光をブロックしている機能に少し購買欲が動きました。

 

そして何よりも注目していただきたいのが次の項目です!

2,生地が破れない限り遮光率が落ちない!

momoが高いけど買う価値あり!と完全に心が動いたのは「生地が破れない限り遮光率が落ちない」からです。

 

というのも実は私、日傘を買うのがサンバリアが初めてで、それまでは毎年「日傘買わないとな〜」と思いつつ結局買わずじまいだったんです。

 

なぜなら一般的な日傘は2〜3年に一回は買い換える必要があるからです。

 

普通の日傘は紫外線カット剤(紫外線反射剤や紫外線吸収剤)を生地表面に塗ることで紫外線を防いでいるものが多いです。

 

すると、

  • 雨の日に使用したり、
  • 摩擦・汚れ

などでUVコーティングが落ちてくるので遮光効果も低くなってしまいます。

 

例えば顔に塗る日焼け止めを想像してみてください。

 

顔に塗った日焼け止めも汗や水で流れてしまい、塗り直さないと効果が落ちてしまいますよね。

 

一般的な日傘もそれと同じです。

 

日傘は日焼け止めと違って自分でUVコーティングし直すことができないので、買い直す必要があります。

 

すると2〜3年一回、安くても3000円以上する日傘を買い換える必要があるのでコスパ悪く感じていました。

 

だからずっと「日傘を買わないと買わないと」と思いつつゲットできていなかったんです^^;

 

そのため1,紫外線を100%遮光できるからで挙げた通り「紫外線100%カットできるのはすごく嬉しいけど遮光率はいつまで持つの?」ということが一番気になりました。

 

だってサンバリアの日傘も遮光率が落ちる日傘なら嫌ですよね^^;

 

高額商品なので毎年買い直すということもできません。

 

だったらまだ99.9%のそこそこの日傘を買う方がましです。

 

ところがサンバリアの日傘は生地に紫外線カット剤を塗っているのではなく、

生地自体が光を通さない3層構造になっているので破れない限り遮光率が落ちないんですよ!!

 

つまり買い直す必要がなく半永久的に使えます!

 

そのため数年に一回買い換えるより遥かにコスパが良いのです!!

 

コレが完全に購入の決め手でした!!

3,99.9%よりも100%カットでエイジングケアの手助けに

私が完全遮光の日傘にこだわるのは紫外線対策は老化予防の要だからです。

 

紫外線にあたってシミができるのは周知の事実ですが、たるみも引き起こすのが紫外線の怖いところです。

 

じわじわと紫外線に当たり続けることにより少しずつ肌が損傷し、たるみの原因になります。

 

紫外線を予防することは老化予防、エイジングケアにもなります。

 

そのため99.9%よりも100%カットできる日傘が魅力的です。

 

たった0.1%が積み重ねになって将来のお肌に繋がると信じています^ ^

 

なので完全遮光でエイジングケアの手助けをしてるくれるサンバリアはとても魅力的です。

 

だけども最近サンバリアの影響なのか?「完全遮光日傘」をよく見かけるようになりました。

[2]プチプラの完全遮光日傘が出てきている

「完全遮光日傘」を謳っているアイテムをよく見ます。

 

しかもサンバリアよりもかなり安いんです!!

 

一万越えのサンバリアを買ったあとに安めの完全遮光日傘があるのを見て「えぇ!?せっかく買ったのに。。」と悔しくなりました^^;

 

だけどよくよく見てみると、、

 

2,生地が破れない限り遮光率が落ちないでもご紹介したように生地に紫外線カット剤を塗布してるタイプの日傘っぽいので、

結局完全遮光でも遮光率が落ちるので「うーん。微妙かなあ」と感じてしまいました^^;

 

その証拠に商品の説明欄に、

  • 半永久的に使える
  • 遮光率が落ちない

などの文が書かれていませんでした。

 

私的にもし半永久的に使える日傘なら商品のアピールポイントになるので説明欄に必ず掲載すると思うんですよね。

 

それが書かれていないということはやはり買い換え要の日傘なんだと判断しました。

 

後、正直「本当に完全遮光なの?」と思っちゃいました^^;

 

サンバリアはちゃんと「完全に光を通さないのか?」といういくつかの試験もしており、それをクリアした試験証明書があります。

参考:「遮光率100.000%」試験証明書 「紫外線透過率0.00%」試験証明書

 

でも「他社のものってどうなんだろう> <そんな安くできるの??」って疑いの目で見てしまいます。。

 

実際サンバリアが完全遮光と書かれている他社商品5点をテストしたところ残念ながら完全遮光でなかったようです。

A社~E社の5社5点です。(社名は明かせませんのでご了承ください。)

サンバリア100の日傘も2点、同様に検証してみました。

結果から申し上げると、全ての商品が、サンバリア100基準での「完全遮光」ではありませんでした。

引用:本当に完全遮光?

 

もしかしたら数年後には試験証明書付きの本当に完全遮光のもうちょっと安めの日傘が出てくるかもしれません。

 

ですが今のところはサンバリアが無難で安全だと思います。

 

だけど次にあてはまる人はわざわざサンバリアの高額日傘じゃなくても普通の日傘でもいいんじゃないかな?と思います。

[3]こういう人には普通の日傘がオススメ

  • 紫外線100%にこだわりがない、だいたい光をカットできたらいい
  • 日傘をファッションの一部として使いたい、デザインを定期的に変えたい

という方は3000円〜くらいの日傘で充分です。

 

完全遮光の日傘じゃなくてもある程度は光をブロックしてくれますし、

帽子を買う感覚で揃えたい方はわざわざサンバリアじゃなくてもいいと思います。

 

私はファッションの一部というより単純にUVブロックしたいだけなので、

「一本買って永く使いたい」という考えなのでサンバリアがいいです。

 

なので私は初めての日傘を去年サンバリアで購入しました。

サンバリア

 

ですが、、、

 

現在サンバリアのライバルに君臨している芦屋ロサブランの日傘も持っています。

 

「あれ?一本を永く使い続けるつもりじゃなかったの?」と思っちゃいますよね^^;

 

私もほんとにそのつもりだったんですが商品選びに失敗してしまって二本持っている状態です~_~;

 

その理由で次章で紹介します。

[4]【失敗談】日傘を購入するときに考えること

日傘には折り畳みタイプと普通タイプがありますが、

  • どっちのタイプが自分にとって使いやすいか
  • 日傘を使うシーン

をもっと考えるべきだったなと思います。

 

サンバリアの日傘では迷わず折り畳み式を購入しました。

サンバリア折り畳み日傘

なぜなら、

  • カバンに入れられる
  • 普通タイプだと持ち歩く必要がある

ので折り畳み式が便利だと思ったからです。

 

ですが実際は。。。

 

折り畳み式を畳むのが面倒で使わないという本末転倒な事態が起こってしまいました> <

 

私が日傘を使うシーンは買い物・通勤・友達とランチのときで主に通勤がメインです。

(朝から遊びに出かけるアウトドアな日は日傘を使いません。)

 

駅から自宅・会社も3分程度なので日傘を差す時間が短いです。

 

すると、

  • 自宅から駅まで3分ほど日傘を差して、
  • 電車に乗るときに傘を畳んで、
  • 出口から会社に向かうときにまた3分ほど日傘を広げて、
  • 会社に着いたらまた畳んで、、

と「たった数分のために畳むのがめんどうすぎる!!」と感じました> <

 

もうね、暑い中キレイに畳んで、、という作業が本当に煩わしいんですよ^^;

 

結局去年、夏の間は頑張って使っていたんですが、秋くらいになると使わなくなりました^^;

 

よく考えたらそもそも私は面倒くさがり屋な性格なので折り畳み雨傘を持っていても、

軽い小雨程度なら「もう帰るだけだし」とささずに帰ることもしばしば。苦笑

 

なので「絶対普通タイプの日傘を買うべきだったな。。」と深く後悔しました。

 

「まあでも買ってしまったものは仕方ないので頑張って使おう!」と気合入れて、

今年の春に友達とランチに行ったときも持っていたのですが、、、

 

電車の乗り換えのときに「すぐ使うから」と畳まずにぐしゃぐしゃになった折り畳み傘を持つのが邪魔で邪魔で仕方ありませんでした> <

 

それに徹底的に紫外線予防するために春からサンバリアの日傘を使うはずが。。

 

畳む作業が面倒で曇りの日は使わなくなってしまったので。。。苦笑

 

「こりゃだめだ!!」ということでロサブランで普通タイプの日傘を購入しました。

(サンバリアの折り畳み式は旅行に持っていく用にしました)

 

なので日傘を検討している方は、

折り畳みタイプか普通タイプかどちらが自分に適しているかじっくり考えて購入したほうがいいです。

 

じゃないと私みたいにせっかく買ったのにめんどうでささなくなるという本末転倒なことになってしまいます^^;

 

ちなみに普通タイプの日傘にしてから畳むという面倒なことがなくなったのでちょっとした時間でも使っています♪

[5]持ち歩く日陰!もっと早く買えばよかった!

私の選択ミスはありましたがやっぱりサンバリアめちゃくちゃいいです!!

 

正直日傘を使う前は「日傘ってそんなに変わるのかな?」と侮っていたのですが実際全く違います。

 

この通りしっかり光をカットしてくれるので安心感があります。

サンバリア

完全に遮光してくれるのでまるで日陰を歩いているようです。

 

もっと早く買えばよかったなって思います^^;

 

[1]高級日傘サンバリアを購入した理由で紹介した通り機能的に見てパーフェクトなので購入する気持ちは固まっていたんですが、

「でも高いからな〜」と悩んでいるうちに、、売り切れになってました。(再入荷を待って購入しました)

 

必要な時期にすぐに使えず出遅れたので早く判断して買えばよかったなと思いましたね^^;

 

私は日傘デビューがサンバリアなので一般的な日傘との違いはなんとも言えませんが、

長年日傘を使っている方からするとサンバリアは他と比べて涼しさが全然違うみたいです。

 

私の体感としてはさすがにアスファルトの照り返しなどもあるので「サンバリアの日傘を使うことで涼しくなった!」とまでは感じませんが、しんどさは変わりますね。

 

昨日日傘を持っていくのを忘れて炎天下の中スーパーの長い列を並ぶことになったのですが、

やっぱり日傘はあるのとないのじゃ全く違うなと心底感じました。

 

日差しが直接当たるのでじりじりひたすら暑かったです^^;

 

では以上になりますが高級日傘ですがずっと使い続けられて、

さすだけで老化予防になるので一本買っておいて本当によかったアイテムだと思います^ ^

サンバリア100

 

サンバリアとよく比べられやすい芦屋ロサブランの「完全遮光」日傘の比較記事も執筆しました^ ^

\LINE@始めました/

私がこれまで肌改善してきた方法を
プレゼントしています。
教科書のように読み進めていくごとに最低限の肌知識も身につくようになっています。

またLINE限定の情報も配信しています。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

Share

関連キーワード

    コメントを閉じる

    コメントを残す

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください