このエントリーをはてなブックマークに追加
肌悩みを解消できた方法

【26歳になっての肌変化】小じわを発見しましたが乾燥改善したら多少ましになりました

頬のキメ

スポンサーリンク

以前↓こちらの記事↓で25歳になっての肌変化と行っていたケアを紹介していました。

 

あれからまた一つ年を重ねました。

 

 

一年前はエイジングサインを感じなかったのですが、、

 

26歳になって肌老化が気になり始めました( ;∀;)

 

 

そこで、

  • 26歳の肌変化
  • 26歳にしていたスキンケア
  • スキンケアを試してみて感じた教訓

を紹介します。

 

 

そろそろ小ジワが気になり始めた方は参考にしてみてくださいね。

[1]26歳の肌変化!シワが出始める…

26歳になってしばらく経ってから初めてほうれい線とシワを発見してしまいました…。

 

 

 

キッカケは朝起きて旦那に言われた「ほうれい線できてる」の一言。

 

 

大慌てで鏡を見ると、、確かに薄っすらできてました、、。

 

 

 

ほうれい線は見た目年齢を大きく左右するので見つけたときは、

大!ショック!

でした(~_~;)

 

 

 

 

続いて目回りの小ジワです。

 

 

25歳のときはシワも薄っすら程度でそこまで気になっていなかったのですが、、

 

一年前より濃く出てきて「摩のシワきた~!」となりました…

 

 

 

↓マイクロスコープで撮ったお肌拡大図です。

頬のキメ

斜めに入ってる線が見えますか?

 

この線はシワなんです(^_^;)

 

 

肉眼でくっきり出ているわけではないんですが…ほっといたらくっきり出てきてしまいます(-_-;)

 

 

 

パッと見て「シワがある!」とまだ分かりにくいんですが、太陽光の中で鏡を見るとシワを確認できてしまい…

気分ガタ落ちでした。

 

 

 

 

25歳では何もエイジングサインを感じなかったのに「シワって急にくるんだな」って思いました。

 

 

 

まとめると26歳で感じた肌変化は、

  • うっすらほうれい線を発見!
  • うっすら目尻と目の下の小じわを発見!

でした!

[2]26歳に行っていたスキンケア

摩のシワを発見しエイジングケアをしたかったのですが、26歳は乾燥にも悩まされていました。

 

 

 

乾燥しすぎてシワだけでなく鼻回りとあご下の白い角栓、ニョキニョキが常に見えてる状態で最悪でした。

 

 

 

ですのでまずエイジングケアより乾燥改善が先!と思ったので

  • 自分の肌から潤い成分を出せるためにあえて油分を使わない
  • いろいろなアイテムを試す

ということをしていました。

 

 

一つずつ解説していきます。

1,自分の肌から潤い出せるようにクリーム断ち

自分のお肌から潤いを出せるように肌断食ならぬ油分断食をしてました。

 

 

油分断ちを実行した理由は自分の肌から潤いを出せるようにしたい!と思ったからです。

 

 

 

 

保湿と聞くと、化粧水・クリームなど外から潤いを足して保湿完了というのが一般的ですよね。

 

 

だけど本来私たちの肌は外から潤いを与えなくても乾燥しない肌を作れるはずなんです。

 

 

 

赤ちゃんは化粧水を塗ったりしなくてもぷるぷるのお肌を保てていますよね。

 

これは赤ちゃんの肌から潤い成分が作られているから美肌を保てているんですね。

 

 

いわば乾燥しまくっている皮膚は潤いを作る自分の肌工場が止まっている状態です。

 

 

 

そうなっているのは、

  • 化粧品をたくさん塗りすぎている
  • クリームを塗っている

と外から成分を与えることで肌工場が潤い成分の生産をストップしているからだと考えました。

 

 

 

油分抜きをすれば止まっていた自分のお肌工場が働いてくれて…

天然の潤いが出てくれると考えて肌断食に近いことをしてました。

 

 

 

具体的にしたケアは、

  • 保湿は化粧水のみ
  • ノンオイルのジェルを使用
  • セラミドを重点的に補給

といろんなパターンを試してました。

 

 

 

 

 

で、結果は、、

全然乾燥が改善しませんでした。苦笑

 

 

 

[1]26歳の肌変化!シワが出始める…の通りクリーム塗らないことによりさらに乾燥してしまってエイジングサインが出てきてしまいました(~_~;)

 

 

 

今までさんざん、

  • 間違ったスキンケア
  • お肌を痛めつけるケア

をしてきてしまったので今さら油分断食しても子どもの肌みたいに化粧水だけで「脱!乾燥肌」は無理だなという結論に至りました。笑

2,クリーム難民のため試しまくる

上記で油分なしケアをしたことで「やっぱりクリーム必要だわ」と思ったのでクリームを使っていました。

 

 

だけどクリームを塗っても乾燥が改善されなかったんですよね…

 

 

 

そのためスキンケアも迷走していました。

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 化粧水

は固定のままですが化粧水以降のアイテムが定まらなかったんです(^_^;)

 

 

 

できれば1000円~3000円代で収まるものがよかったので、ほんっとにいろいろなクリームを試しましたが全く乾燥が改善されず…

 

 

 

多分意味ないだろうな…と思いつつ「化粧水2種類→ジェル→クリーム」と過剰ケアしてみましたが、

キメがない肌

↑肌の上にジェルなどの化粧品が乗っているだけで全くキメがでず乾燥したままでした(*_*)

 

 

 

 

 

結局20代前半から愛用していたセルビックのモイスチャライザーを久しぶりに使ってみると劇的によかったのでそちらに戻りました。

 

 

このコスメのおかげで乾燥しなくなった!とまではいかないけど、

  • お肌(角質層)にも厚みが出た!
  • 保水力アップして乾燥が多少ましになった!
  • お肌がすべすべになった!

とお肌がだいぶ改善され目尻の小ジワもましになりました!

 

 

※モイスチャライザーについては本記事では詳しく解説しないので気になる方はこちらの記事を参照ください。

関連記事:何しても乾燥する…お肌が薄い人の救世主アイテム!憧れのうるうる肌に生まれ変わる!

[3]小ジワが出てきてしまったあなたへ

25歳が肌の曲がり角と一般的に言われていますが、肌の曲がり角は26歳からだと思いました(^_^;)

 

 

 

私と同じように26歳になってエイジングサインを発見してしまった…という方もいると思います。

 

 

 

 

シワを見つけたらシワ改善美容液を使いたくなりますが、先に乾燥改善したほうがいいです。

 

 

 

シワって、

  • 乾燥からできるお肌の表面上にあるシワ
  • 肌の奥から刻み込まれるシワ

があります。

 

 

➁の奥からできるシワは原因が乾燥ではなく筋力の衰え…だったり他に要因があります。

 

 

 

対して➀の肌の表面にできるシワは原因が乾燥であることが多いです。

 

 

そのため保水力のある肌作りをすることでシワも改善しやすくなるのです。

 

 

 

実際私はモイスチャライザーを使ったことで乾燥によりシワはある程度改善されました。

 

 

 

それに乾燥をある程度を改善し、土台が整ってからエイジング美容液で攻めたほうが効果も発揮されやすいです。

 

 

「基礎をしてから応用」という感じですね!

  • 基礎を整える:乾燥しない肌作り
  • 応用で攻める:エイジング美容液

という風に。

[4]さいごに:乾燥改善してからエイジングケアを開始します

26歳で学んだことは乾燥は肌老化を加速させる!ということでした!

 

 

やはり乾燥していない方のお肌はエイジングサインが出るのが遅いですしキレイです。

 

 

 

少しは乾燥が改善されたとは言え、まだまだ乾燥肌なので引き続き水分力のある肌作りを優先していこうと思います。

 

 

 

ある程度乾燥が改善されたら、

  • エイジング美容液
  • エステでたまにケア

などのアクティブなお手入れをしていきます。

 

 

 

20代後半で、

  • お手入れを頑張ること
  • 正しいケアをできるか

が30代に活きてくるので一緒に頑張りましょうね!

スポンサーリンク

参考になったらshareしてね

関連キーワード

    何か質問ありましたらコメントからお気軽にどうぞ。

    コメントを閉じる

    コメントを残す

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    youtube始めました。パート主婦の日常をごくゆるで配信しています。