はじめまして!肌改善してきた教科書プレゼント>>

【マスクシミはこれで解決】肌を擦らない!マウスシールドがめっちゃ良かった!

マウスシールド

スポンサーリンク

もうずっとマスク生活が続いてますが、

  • 肌がふやけることでお肌が炎症起こしたり、
  • マスクが物理的に擦れることによりシミ・くすみ・肝斑ができる

ことが危ぶまれてますよね。

 

その中でもmomoが気になるのはマスクジミ・肝斑がすごくすごく心配です。

↑友利新先生の動画分かりやすかったです。

 

せっかく日焼け止めをしっかり塗っていてもマスクでシミ・肝斑を作ってしまったら嫌ですよね(^^;)

(もうすでに薄いシミができてしまったという人も><)

 

過去にシミ取り治療をした経験があるので分かるのですが、

シミや肝斑は取る方が大変なので(特に肝斑治療はすごく大変らしい)作らないように予防した方がいいです。

 

そのため大袈裟でも徹底的に予防したいのが私の考えです。

 

マスクによる摩擦がシミ・肝斑の元になるので「どうにか摩擦を防げないか?」といくつかマスクジミ対策を試したんですがどれもイマイチ、、

 

で思い切ってマスクからマウスシールドに変えたらめちゃくちゃ良かったのです!!!

 

なんせ摩擦しないのです!!

 

私はプライベートはマスク、仕事中はマウスシールドと使い分けるだけでもかなり摩擦を軽減できたので、

「あれこれ対策したけど微妙だったどうしよう」と悩んでいる方にマウスシールドいいよ!ということを伝えたく執筆しました。

[1]【微妙だった】マスクシミ対策として行ったもの

SNSやyoutubeでリサーチした情報を元にいくつか対策を試しました。

 

例えば、

  • 使い捨てマスクから肌触りの良い布マスクに変える
  • 肌があたるところにガーゼを入れる
  • ワンサイズ大きめのマスクをつける

などですね。

 

数時間買い物に行くだけなら↑これらの対策で大丈夫だと思います。

 

だけど私は仕事が接客業なので、

  • 喋る度に布が動いて微妙に擦れる
  • 水を飲むときのマスクのつけ外しで肌が擦れる

とマスクを工夫してもやっぱり擦ってしまうんですよね^^;

 

短時間ならまだしも「長時間×週に何度も」だとこの微妙に擦れる感じがどうしても気になってしまいます…。

 

マスクを細工する以外の対策として「シミ・肝斑対策の化粧水で予防しよう!」というのも最近よく見かけます。

 

これは炎症を抑える成分入りの化粧水を塗ることでシミ予防するというものですね。

 

私もコスメを使ってシミ・肝斑対策しようかなあと考えたのですが「コスメ予防はあくまでもプラスアルファ的な要素」なので安心はできないなあと^^;

 

また「医療従事者の方でコロナ前から何十年もマスクをつけて仕事しているけどシミできてないし、肌バリアをあげたらいいんじゃない?」という意見もあると思います。

 

確かに肌バリアをあげることでそもそもシミを作らない土台作りすることも大切です。

 

だけど、

  • 私はシミができやすい体質っぽいのでバリア機能あげても不安
  • 摩擦を避けることにこしたことない

と考えるのでやっぱり「根本的に物理的摩擦を減らしたい!!」と強く思いました。

 

だから「どうにか一日中つけっぱなしで、話しっぱなしでも摩擦が起こらない方法はないか、、」と、

悩んでいたら職場の先輩にとあるアイテムを紹介してもらいました。

[2]肌を擦らない!マウスシールドでシミを防ぐ

紹介してもらったのがマウスシールドです!

先輩は元々マスクすると「暑い!蒸れる!ファンデがヨレる!しんどい!」ということで、

マウスシールドを使い始めたらしいのですが「これなら蒸れないからいいよ!」とのことでした。

 

実際私も使ってみたら確かに蒸れないし思った以上に、、、最高でした!!

 

マスクで仕事していたときは喋る度にマスクが微妙にズレて、物理的摩擦が気になって仕方なかったのですが、、、

 

マウスシールドだとそもそもシールド部分が頬にあたらず微妙な摩擦も起こらないので安心して仕事できてます^^

 

会社からは「マスク代わりにマウスシールドでもOK」と許可をもらっているのでもうずっとこれをつけています。

 

お手入れも簡単です^ ^

 

使い終わったら、

  • 透明の部分・白のプラスチック部分をアルコールで拭く
  • 4日に一回くらい耳にかける紐をウタマロで洗う

だけです。

マウスシールド

 

ちなみに白のプラスチックのところにあごを置くときに肌触りが良いように、

マスクをあごかけしたり、コットンをしいて使ってます。

[3]唯一のデメリットは浮きます(笑)

マウスシールドをつけることで物理的摩擦がなくなったのでマスクジミ・肝斑予防したい方にぜひオススメしたいアイテムなのですが、、

 

唯一のデメリットは「浮く」ということです(^^;)笑

 

つけ始めの頃は会社の中でマウスシールドをつけてる方が5人以下だったので浮いてる感がありました。

 

歩く度に視線を感じるというか。笑

(今は社内でもマウスシールドが当たり前になってきたりつける方もちらほらでてきてるので浮いてませんし慣れました。)

 

また帰宅時はマスクを装着しますがめんどうな日はそのままマウスシールドをつけて帰宅することもあり、その際電車の中でもやはり浮いてました(笑)

 

正直マスクから乗り換えるときは「なんだかガチ勢感がするしできたらマスクがいいなあ、、」と迷ったりもしました。

 

だけど浮くVSマスクジミ・肝斑を天秤にかけると、圧倒的にシミ予防のほうが勝ったので思い切って試してみたらめっちゃよかったのでこれからも使い続けます^ ^

[4]さいごに:色々使い分けてます

私は、

  • プライベートで出かけるとき・出社するときはヤケーヌ
  • 仕事中はマウスシールド
  • 会社から帰るとき・夜の移動はマスク

と使い分けています。

 

「なぜ帰るときや夜の移動はマスクなの?」という問いには「やっぱりマスクだと浮かないから」です。笑

 

「一番装着してる時間が長い×よく喋る=顔が擦れやすい勤務中」にマウスシールドを使ってます。

 

マウスシールドを使い始めてから本当にシミ・肝斑の心配がなくなりましたし、

壊れるまで繰り返し使えてコスパも悪くないので徹底的にマスクジミ・肝斑対策としてもってこいだと思います^ ^

 

○○はマスク、△△はマウスシールドと使い分けるのも良いと思います。

※大阪在住で市内によく行かれる方はシモジマで一枚から買えるそうなので気になる方は見に行くのもありです^ ^

\LINE@始めました/

私がこれまで肌改善してきた方法を
プレゼントしています。
教科書のように読み進めていくごとに最低限の肌知識も身につくようになっています。

またLINE限定の情報も配信しています。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

Share

関連キーワード

    コメントを閉じる

    コメントを残す

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください