このエントリーをはてなブックマークに追加
美肌の作り方

【スキンケアの正解は〇〇】スキンケア迷子から卒業して美肌育成をしよう!

スキンケアの正解

スポンサーリンク

[1]スキンケアの正解が分からないという方へ

スキンケアって情報が溢れすぎてて何が正しいか分からなくなりませんか?

 

 

例えば、

  • スキンケアはやりすぎたらダメ。
  • 化粧水・クリームは塗らない方がいい。

などたくさんあってほんとに迷っちゃいますよね。

 

 

中にはお肌に良いと言われるもの全てやってきたけど効果がなくてスキンケア迷子になっている!という方もいるかもしれません。

 

 

だけどスキンケアで重要視するのは

  • 年齢に応じて高い化粧品を使うこと。
  • ニベアをたくさん塗ること。
  • 化粧水・乳液・クリーム・美容液などを適切な順番に塗ること。

など…ではありません。

 

 

 

実はスキンケアでは一番大切なのは「なんです。

「落とすケア」とはその名も通りメイク・皮脂汚れなどクレンジングや洗顔で洗浄するケアのことです!

 

「落とすケア」に着目したスキンケア方法はいくつかあり、私はその内の一つを実行し大幅に肌質改善することに成功しました。

 

 

この記事では、

  • なぜ「落とすケア」がスキンケアの正解なのか。
  • 「落とすケア」にこだわるときに注意すること。
  • 私が実際に行い成功したスキンケア方法。

などをご紹介しています。

 

 

「落とすケア」の大切さを知ることでスキンケアで何を重要視すべきか悩まなくなりますよ(^^)

[2]なぜ「落とすケア」にこだわるとお肌が改善されるの?

実はクレンジング・洗顔を使うときが一番お肌に負担をかけやすいんです!

 

 

負担がかかる理由は脱脂力の強いクレンジング・洗顔を使うことでメイク・皮脂汚れと一緒いお肌の潤い成分までも洗い流してしまうからです。

 

潤い成分と聞くとスキンケア時に塗った化粧水などのことをイメージされる方もいるかもしれません。

「朝に塗った化粧水の成分が一日の皮脂汚れと一緒に洗い流されてるだけじゃないの?」という風に

 

 

 

潤いとはスキンケアで与えた成分のことではなく元々お肌にある潤い成分のことを差します。

 

それらの成分は、

  • 天然保湿因子
  • 細胞間脂質
  • 皮脂膜

と言い、自分のお肌から作られる自家製の化粧水・クリームのような役割をしている保湿成分のことです。

 

 

水分を保持し乾燥しないお肌を作るにはこれらの成分がかかせません。

 

いわば美しいお肌を作ることができるのは天然保湿因子・細胞間脂質・皮脂膜だけなのです。

関連記事:【美しいお肌の条件】化粧品で誤魔化さないで艶肌に近づく豆知識

 

 

そのために絶対取り除いてはいけずお肌に残してあげないといけないのです。

 

 

 

私たちのお肌には天然の潤い成分が作られるシステムが整っていますが脱脂力の強いクレンジング・洗顔を毎日続けることで、

  • お肌が皮脂を出そうと脂性肌になる(テカリやすくなる)。
  • スキンケアで水分を補給してあげることで肌が自分から潤いを出さなくなり乾燥肌になる。

という肌荒れトラブルにも繋ります。

 

 

掃除するときをイメージしてみてください。

 

例えば白い壁についた汚れを掃除するときは汚れだけを取りますよね。

 

わざわざ汚れを取ったついでに壁を傷つけ、自分でつけた傷を補修するために白いペンキでコーティングしたりしないですよね。

 

そんなことしたら補修する手間・時間・費用がかかるので誰もそんなことをしないと思います。

 

また一回くらいの傷ならば修復するのも簡単ですが掃除する度に切り傷をつけると補修するのも難しくなってきますよね。

 

過度に洗浄し続ける行為はまさにこれを同じです。

 

脱脂力の強い洗顔・クレンジングを使うことでお肌にダメージを与え、その傷を補修するためにたくさんスキンケアをするといったかんじですね(^_^;)

 

 

そういったスキンケアは効率も悪いし美肌から遠ざかるので、まずクレンジング・洗顔にお金にかけ必要な成分は残すようにケアしてあげることが大切です。

すると本当にお肌が蘇ったように改善されていきます。

 

 

クレンジングに関してはオイル・ジェル・ミルク・リキッド様々なタイプのものがあり、

  • メイク汚れは油分。だから油は油で落とすのが効率が良いからクレンジングはオイルが良い!
  • オイルは肌に負担がかかるからジェルクレンジングが良い!

など種類によって意見が別れています。

 

今までたくさんのクレンジングを使ってきた私としては質の良いものを選べばオイルでもジェルでも良質なクレンジングがあると感じています。

(リキッドは肌をこすってしまいがちなのでおすすめしないです(^_^;))

[3]「落とすケア」洗顔にこだわるときの注意

1,弱アルカリ洗顔と弱酸性洗顔どっちがいいの?

洗顔は主に「弱アルカリ洗顔」「弱酸性洗顔」があります。

 

 

二つの洗顔の主な特徴を大まかにまとめると、

  • 弱アルカリ洗顔:洗浄力が非常に高め。主に石鹸素地で作られています。洗顔後の肌触りはキュキュッとすっきりするのが特徴。
  • 弱酸性洗顔:穏やかな洗浄力。洗顔後の肌触りはしっとりするのが特徴。

です。

 

市場に出回っているのは弱アルカリ洗顔がほとんどなので恐らく弱アルカリ洗顔を使われている方が多いと思います。

 

 

そして両者の意見の違いは、

アルカリ洗顔派の意見

お肌にある皮脂汚れは弱酸性だから弱アルカリでしっかり毛穴まで洗うのが良い。
また洗顔後はお肌が一時的にアルカリ性に傾き弱酸性に戻ろうとするアルカリ中和能が働き毛穴も引き締めてくれる。弱酸性洗顔だと汚れを落としきれないのでくすみ・毛穴の黒ずみ・ニキビなどの肌トラブルを招く。

 

酸性・アミノ酸洗顔派の意見

穏やかな洗浄力で洗うことでお肌に潤い成分が残るのでスキンケアは必要最低限になる。アルカリ洗顔だとお肌にある必要な潤い成分までも過剰に取ることで脂性肌・乾燥肌になる。

です。

 

 

二つの意見を並べてみると両者とも筋が通っており「こっちの方が正しい!」と断言するのは難しくありませんか(^_^;)?

 

少なくとも私は約一年前にこの二つの意見を知ったとき両方とも理に適ってるように感じました。

  • 「確かに皮脂汚れは弱酸性だから弱アルカリ洗顔で洗った方が良さそう」
  • 「弱酸性で洗った方がお肌には優しそうだけどちゃんと汚れ落ちるのかな」

と言った風に。

 

 

だけど結論からいうと今は絶対弱酸性洗顔の方が良いと思っています!!

 

なぜかというと実際にこれまで使ってきた弱アルカリ洗顔から弱酸性洗顔に変更したらあれだけ悩んできた毛穴・頬の赤み・ニキビが解消されたんです!
関連記事:オフスキンケアで実感できた《効果のすべて》と気になるしわなどのエイジングケアについて

 

 

そのため今ではお肌にとって適切なのはアルカリ洗顔ではなく弱酸性洗顔が一番良いと感じています。

2,プロでもアルカリ洗顔を勧めてくる方がいるので注意

エステ・美容業界には「クレンジング・洗顔が一番大切だからお肌に優しいものを使いましょう。」と唱えつつも弱アルカリ洗顔を勧めてくる方が中にはたくさんいらっしゃいます(^_^;)

 

 

それは弱酸性洗顔がお肌に良いと知りつつも嘘をついて弱アルカリ洗顔を勧めているのではなく、弱アルカリ洗顔が適切!と思って勧めてくる方がほとんどでした。

お肌に大切な保湿成分だけは残し不必要な汚れだけを洗うのが自社のアルカリ洗顔です!という方もいましたね。

 

 

だけど洗顔の性質がアルカリであるうちはお肌の保湿成分は残せないしお肌に優しくないです。

成分の中に天然由来成分・保湿成分など入っていたり、オーガニック・無添加と謳われていても同じです。

 

 

例えば油汚れに重曹水をかけるとよく落ちますよね。

あれは油汚れが酸性、重曹がアルカリ性だからよく落ちるのです。

 

ですので弱アルカリ洗顔を推す方の「肌環境は弱酸性だから汚れを落とせる弱アルカリ洗顔じゃないとダメ!」という意見は間違っていません。

 

 

ただ落ちすぎるのです。

弱アルカリ洗顔で洗うと弱酸性でできている保湿成分・皮脂までも流れてしまいます。

 

 

また、

  • 家事で洗い物を素手で洗っていたり、
  • 飲食店のバイトで洗い物をしていたり、

すると手が荒れてきませんか?

 

 

これはずっと洗い物をすることで素手で洗剤に触れる機会・時間が多いためお肌の天然保湿成分を奪い取られ手が荒れていくのです。

手荒れ

 

しかも洗剤に触れる機械が多いと一旦アルカリに傾いた環境から元の弱酸性環境に戻る(アルカリ中和能)のが遅くなっていきます(^_^;)

 

 

次第にはアルカリに抵抗する力がなくなりだんだんかぶれなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

 

 

これは手だけではなく同じ皮膚でできている顔の場合も同じです。

 

毎日弱アルカリ洗顔で洗い続けている年数が長ければ長いほどアルカリ中和能が弱くなっていくので、

ニキビ・赤み・乾燥などの肌トラブルが起こしやすくなります。

 

 

ですのでエステ・美容カウンターでプロの方に理論を説明され弱アルカリ洗顔を勧られると信用したくなりますがお肌にとってはアルカリは過酷なので購入はしない方がいいです(^_^;)

 

 

クレンジングは適切なものを使っても洗顔がアルカリだと「落とすケア」に着目していることにはならないので注意しましょう!

[4]お肌に優しい!おすすめ洗顔・クレンジング

上記で「落とすケア」に注力することの大切さを語ってきました。

 

最後に私が今使っているおすすめの洗顔・クレンジングを簡単にご紹介して終わりにします

1,クレンジング

クレンジングはオイルとジェルの二つあります。

 

SILKジェルクレンジング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肌に優しいクレンジング ジェルSILK | オイル・洗浄界面活性剤不使用!
価格:3888円(税込、送料別) (2018/9/20時点)

 

 

 

 

一般的にジェルクレンジングは界面活性剤を入れることによりメイク汚れを落としていますが、

このクレンジングは保湿成分で汚れを乳化させて落とします。

 

使い心地はサッパリしています

 

落ち具合も普通のメイクなら問題なく落ちますがウォータープルーフは落ちにくいですね!

オイルクレンジング

プラチナムクレンジング※公式サイトでの販売のみ。

元々オイルフリーのジェルクレンジングが好きでどちらかというオイルクレンジングはくすむので嫌いだったんです。

 

ですがこのオイルクレンジングは別格!

 

さすがのオイルで落ちも抜群で仕上がりもふっくらします。

2,洗顔

スキンウォッシュインデュース※公式サイトでの販売のみ。

洗顔はこの記事でもご紹介した通り弱アルカリ洗顔でなく弱酸性洗顔を使っています。

 

それがこの洗顔達。

皮脂汚れはしっかり落としてくれ、必要な潤い成分は残してくれる…とても優秀な洗顔です!

セラヴェールスキンウォッシュ

 

もうコスパも最強だしお肌の調子も良いので最高です!!

 

詳しいレビューは下記の記事でご紹介しているのでよろしければご覧ください(^^)/

 

 

長くなりましたが….少しでも参考になれば嬉しいです!

参考になったらshareしてね

スポンサーリンク

関連キーワード

月間2万アクセスありがとうございます(*'ω'*)コメント・質問などありましたらtwitterで受け付けています。お気軽にどうぞ(^^)/