このエントリーをはてなブックマークに追加
肌悩みを解消できた方法

【25歳になって】私が感じたお肌の曲がり角と効果があったお手入れ

25歳になってお肌の変化

スポンサーリンク

25歳くらいから「お肌の曲がり角」がくると言われていますよね。

 

 

お肌の曲がり角とはそれまで感じなかったお肌の老い(乾燥や小じわなど…)を感じることですが、

久しぶりに会った友達に「老けたね~」と思われるより「きれいになったね!」と言われたいですよね!

 

 

できればきれいに年を重ねていきたいと思っているはず。

 

 

だけど、

  • お肌曲がり角っていうけど20代後半になるとどうお肌が変化するの?
  • 対策はどうしたらいいの?
  • やっぱり高い化粧品に切り替えるべき?

などなど…さまざまな疑問が浮かびますよね。

 

 

 

今回は25歳を迎えようとしている方に、

  • 効果を感じた美容法
  • 実際に25歳になって感じたお肌の変化

をまとめています

 

 

美知識をつけて素敵な30歳を一緒に目指していきましょう^^

[1]25歳からエイジングスキンケアにお金をかけるべき?

25歳を越え、現在の肌状態を維持または向上しようとするにはスキンケアにお金をかけないダメというイメージはありませんか?

 

 

またエイジング向けのコスメじゃないとケアできないと思われていませんか?

 

 

 

確かにどこの化粧品会社もエイジングラインのコスメはベーシックラインのものと比べると値段が割高です。

 

 

高いものだと総額5万以上はしますし、

実際に化粧水5000円乳液5000円美容液1万円…と一つ一つが高いものを使われている方も多いと思います。

 

 

 

そのため年を取ると「エイジング向けのコスメを使う=スキンケアが高額になる」というイメージを抱くのも頷けますよね。

 

 

 

だけど25歳を越えるとエイジングコスメを使うべきだからお金がかかるというの間違いなんです。

 

 

 

これには二つの理由があります。

まず一つ目は「高い化粧品=必ずしも良質なアイテムではない」ということ

恐らく2000円の化粧水よりも5000円の化粧水のほうが良いに決まってる!という考え方が一般的ですよね。

 

 

だけど値段に比例して質がよくなるというのは全ての化粧品にはあてはまらないんです。

 

 

A社5000円とB社2000円の化粧水を比べても内容はさほと変わらなかったりする場合もありますし、1万する美容液でもそれほどの効果がなかったりするものもあります。

 

また残念ながらエイジングと謳っているだけで内容は普通で値段だけ高いものもあります…。

 

例えば外食でも立地が良い場所にあるお店は味が普通でも家賃が高い分必然とランチ代も高くなりますよね。
また逆に少し外れた場所にあるお店だと家賃代が浮く分、安いのにクオリティの高い食事を提供している穴場のお店もありますよね。

 

 

化粧品もこれと同じで「値段=クオリティ」には必ずしもなりません。

 

 

もちろん内容に比例した価格設定にしているメーカーもあります。

 

良質なものでもパッケージや広告に極力費用をかけないことで値段が求めやすい価格にしているアイテムもあるので全てにあてはまるとは言えませんが、

「5000円以上するから絶対この商品良いんだ!=エイジングケアできる」と思いこまないほうがいいです。

2つ目の理由は化粧品でほうれい線・しわをなくすといったエイジングケアはできないということ

まずお肌は表皮・真皮・皮下組織に分かれています。

 

お肌のハリに関わるコラーゲンやエラスチンを作っているのは真皮層という部分であり、

この真皮層はお肌の土台になるとても重要な部分です

 

お肌の構造

 

そして化粧品が作用できるのは表皮層の一番上の死んだ細胞の集まり、角質層という部分だけです。

関連記事:【美しいお肌の条件】化粧品で誤魔化さないで艶肌に近づく豆知識

 

これは薬事法という法律で「化粧品は角質層より奥へ入っていけはいけない」と決められています。

 

 

よく化粧品の広告で肌の奥までグングン浸透するという表現を見かけますが、
実際は肌の奥まで入っていくことはありませんし、米印で「角質層まで」と小さく書かれています

 

 

そのためコラーゲンやプラセンタが入った美容液を塗布しても潤わすことはできてもハリが出ることはないのです。

 

どんなに効果あるの成分でも死んだ細胞に塗ってもあまり意味ないですからね(^_^;)

 

またしわやほうれい線対策したい!と思っても、

  • 紫外線を浴びたことによる光老化が原因でのしわやほうれい線。
  • 加齢による筋力の衰えやコラーゲンの減少が原因のたるみ。
  • 乾燥によってできたしわ。
  • 肩こりによってできるたるみ。

などさまざまな原因があります。

 

 

しわの原因が乾燥によるものならば水分力を上げる化粧品を使い乾燥を防ぐことでエイジングケアできます。

だけど筋力の衰えによるしわが原因だと化粧品を塗っても意味ないですよね(^_^;)

 

このようにエイジングケアとは「エイジング化粧品を使うこと」だけではないのです。

 

 

化粧品で年齢に抗うのは限界があるので、

エイジングコスメに関わらず角質層に塗布することで効果を見込める化粧品を使いつつも総合的にアプローチしていく必要があります。

[2]お肌が変わった私のスキンケア

ここからは私が今使っている化粧品を紹介します

 

「なんとなく潤った」というものではなく目に見えて効果を感じたものを使っています

クレンジング・洗顔

《クレンジング》

商品名 セラヴェールプラチナムクレンジング
値段 3600円
レビュー記事 セラヴェールプラチナムクレンジングレビュー!
節約して使う方法などまとめ!

 

《洗顔》

商品名 セラヴェールスキンウォッシュ
値段 1800円
レビュー記事 セラヴェールスキンウォッシュレビュー!
インデュースとエクストラのおすすめの選び方も!

 

スキンケアの中で一番大切な「落とすケア」です。

何よりも大事なのはお肌の皮脂を落としすぎないことです。

 

 

下記の記事でも解説していますが美容液や化粧水よりもまずは「落とすケア」を変えることでかなりお肌が変わるので、

スキンケア迷子の方はまずクレンジング・洗顔にこだわってみてください^^

関連記事:【スキンケアの正解は〇〇】スキンケア迷子から卒業して美肌育成をしよう!

与えるケア

「与えるケア」では化粧水・ジェル・クリームを使用しています。

 

一つずつ解説していると記事が膨大になってしまうので、

個々にレビューしている記事をよろしければ参考ください^^

 

《化粧水》

商品名 セラキュアローション
値段 3600円
役割 セラミド補給
レビュー記事 セラキュアローション詳しくレビュー!
乾燥や使ったあとのお肌の様子など!

 

 

化粧水以降はまだ定まっておらず迷子中です(^_^;)

 

 

美容液はまだスキンケアがまだ完璧に固まっていないので使用していないです。

 

 

 

エイジング美容液は高いですし効果が「お肌が潤う・つるつるになる」だけだとわざわざ高い美容液使わなくても良いのでは?と思っています(^_^;)

[3]25歳を迎えて感じたお肌の変化

25歳を越えて感じたことを気になるエイジングサインをまとめると、

  • 乾燥→20代前半の頃より乾燥を感じやすくなる。
  • ほうれい線→特に気にならない。
  • 小じわ→乾燥すると目回りの小じわが気になるようになった。
  • しみ→新しいしみの出現はなし。

という感じですね。

 

 

しみは20代前半からしっかり対策してきたのであちこちにしみが浮き出てきた…!ということはないので、

10代からしっかりUV対策をしていたら大丈夫だと思います^^

 

 

何よりも20代前半と比べて主に乾燥を感じるようになりました。

 

しかも乾燥を放置すると乾燥による目周りの小じわもできたりするようになったんです(^_^;)

 

ですので若いころから乾燥をしない水分保持力があるお肌を作りすることが大切です。

 

 

美白ケアに目がいきがちですが正しいケアをしていたら美白化粧品を使わなくても自然と透明感が出たりするので、

まずは美容液や美白コスメよりも乾燥に負けないように基礎スキンケアを固めることが大事だと感じています。

 

その次に美容液などアクティブな化粧品を使うのがいいと思います。

[4]たまにはプロにお肌を見てもらうべし!

半年または一年に一回は肌診断やエステに行くことでご自身のお肌を確認したほうがいいですよ

 

 

なぜなら「今お肌めっちゃ順調だわ~!」と思ってもプロの方に見てもらうと実はそうではないことがあるからです。

 

 

例えば私のケースでいうと「最近特に乾燥を感じないし調子いいかな♪」と思っていたんです。

 

だけどたまたま行ったエステで診断してもらったら
「乾燥していてこのままだとエイジングサインがでてくる」
「肩凝りがひどく老廃物が溜まることによってたるみがきている」と言われたんです。

エステに行ったことによって、
今使っているスキンケアの見直しもできましたし、肩凝り対策の必要性も感じられたんです!

 

 

このように正しいと思ってケアをしていても実は間違ってケアを続け老化を促進させている場合もあります(^_^;)

 

 

モデル・美容家もエステなどに行って肌確認されている方が多いですし、

肌診断で水分や皮脂を測ってもらうことで「皮脂が足りてないからクリームを少し足そうかな」と改善することもできたりします。

 

 

間違ったケアを続けて老化を加速させないためにもたまには自分の肌を見直してみましょう!

[5]25歳からはスキンケアだけではエイジングサインに抗えない

[2]25歳からスキンケアにお金をかけるべき?でも説明した通り化粧品だけではエイジングケアはできません。

 

 

25歳からは、

  • 正しい化粧品を使うこと
  • インナーケア
  • 汗をかくこと
  • 表情筋ケア

など…さまざまな面からケアしてあげる必要があります。

 

 

だけど実際芸能人のように化粧品も使って、エステも月に一回行って、サプリケアして…という風に美容にたくさんをお金かけられる方のほうが少ないと思います(^_^;)

 

 

ですので月々のスキンケアのランニングコストは極力抑えて全身ケアしてあげましょう!

 

例えばこれまでスキンケア総額3万かかっていたとしたら1万5千円に収めて、浮いた分全身ケアしてあげる…などですね!

 

効いているかわからないエイジング美容液にお金を出すなら月に一度でも肩凝りケアをしてあげるほうがいいです!

 

もちろん1万の美容液で劇的にリフトアップしたりハリが出たりするならば1万円出す価値はあるでしょう。

 

だけどそのような美容液は少ない(あってもすごく高額)と思います(^_^;)

 

 

私もスキンケアが固まったらいろいろ美容液を試していこうと考えているので、

またブログで紹介していきたいと思います^^

[6]まとめ:エイジング美容液はまだ必要でない

25歳を越えるとプチプラコスメから高級ラインのコスメに切り替えた方が良さげと思われがちですが、

誤った認識だなと感じています。

 

 

 

高額・プチプラに関わらず正しいスキンケアコスメを選ばないと意味ないからです。

値段に限らず効果のあるものを選ぶのが大切です。

 

 

 

事実私が使っているものは3000円~5000円と安くはないけど高級でもないコスメですが目に見えて違いを感じています。

 

 

ですので、

  • お肌にとって良い生活習慣
  • 正しいスキンケア

を行っておけば25歳になっても、

エイジング美容液はまだ必要ない

と感じました。

 

 

 

長くなりましたがこれから25歳を迎える方の参考になれば嬉しいです^^

 

 

 

追記★26歳になっての肌変化の記事を更新しました。

26歳ではエイジングサインが出てきてしまいました(*_*)

 

スポンサーリンク

参考になったらshareしてね

関連キーワード

    何か質問ありましたらコメントからお気軽にどうぞ。

    コメントを閉じる

    コメントを残す

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    youtube始めました。パート主婦の日常をごくゆるで配信しています。