【現在再発なし】赤み・痒み敏感に傾きかけたお肌も今度こそ改善【皮膚科に行きたくない】

肌湿疹・皮膚炎

スポンサーリンク

以前↑こちらの記事↑でひどい肌湿疹に悩まされ改善されたという記事を書きました。

 

あれから一ヶ月半くらいまでは問題なく過ごせていたのですが・・・

 

ちょっとした些細な刺激、例えば、

  • マスク一日中つけっぱなしが三日間くらい続いたこと
  • セルフカラーしたときに毛染めが顔についたこと

で赤み・痒み・小さいポツポツがまた出るようになっていました。

 

前回皮膚炎を患ったときは、

  • とにかく掻かずにいられない、
  • 人に気づかれるくらい赤みが出てる

とひどい状態だったのでイハダの薬を使って沈下させたのですが、

また薬を使うほどまではひどくはないし・・・(薬を使っても根本改善にならないですしね)

 

かといって敏感肌でない(混合肌)私がこれまで些細な刺激で荒れることはなかったので、

ちょっとした刺激で荒れるなんて、、明らかにおかしい状態でした。

赤み・痒み

相変わらず皮膚科は行きたくないですし、アレルギーや自律神経の乱れもなさそうですし、

自分の中でやれることはやり尽くした状態で色々考えた結果・・・

オンラインエステを受けることにしました!!

 

オンラインエステとは

エステティシャンの方にメールやラインでお肌の相談ができる有料サービスです。

 

このオンラインエステがめちゃくちゃ良くて、敏感に傾きかけてた肌も元通りになり今は再発等もしてません!!

肌湿疹改善

なので本日は薬を使うほどではないけど、

  • 些細な刺激でお肌が敏感になる、
  • 赤みや痒みが出てしまった

状態から改善するまでの過程を詳しくご紹介します。

 

今回の方法で赤み・痒みが改善されただけでなく、毛穴やテカリもましになると、、お肌全体の底力も上がりました^ ^

 

全員に合うとは限りませんが少しでも参考になれば嬉しいです!

[1]【原因】保湿不足でバリアが低下

オンラインエステで診断して貰うと以前こちらの記事でも考察してた通り、

やはりアレルギーや何か特定の原因がある訳ではなくバリア機能の低下で内部に炎症を起こしている状態でした。

 

バリアが低下しているから些細な刺激の信号がお肌の奥に届いてしまい、痒みや赤みなどの炎症が起きている・・といった感じです。

 

ではなぜバリア低下していると分かっていたのに改善できなかったのか?というと・・・

  • 私が使っている製品が悪い訳でもなく
  • 製品がお肌に合っていないからでもなく

私のスキンケアの使い方が間違っていたんです!!

 

大事なことなので繰り返しますがバリア機能が低下していると分かっているにも関わらず、

正しい使い方or自分に合った使い方をできていないから改善されずにいました。

 

では具体的にどこが間違った使い方をしていたかというと「化粧水の使い方」が間違っていました。

 

エステティシャンの方いわく、

看護師

皮膚疾患以外でお肌に炎症(赤み・痒み・ポツポツ)が出ている場合は保湿がちゃんとできておらず、保湿不足の人はだいたい肌に赤みがある人が多いです。
保湿が足りてないからお肌が水分を抱えることを忘れているのでとにかくたっぷり!バシャバシャと化粧水を使うことで改善される人が多いです!

と仰っておりました。

 

つまり私は化粧水の量が極端に少なすぎていて、お肌が水分を抱えることを忘れ、、

些細な刺激をきっかけに敏感に傾き始めたということでした。

(セラミド化粧水を使っているのですが最低限、三滴ほどしか使っていませんでした。)

 

なので、

看護師

一旦は化粧水をたっぷり使って肌を育ててみましょう!それで回復しないのであれば別の対策が必要です。
クリームや特定の成分などにこだわるのは肌が育ってからです。

とアドバイスをいただきました。

 

ちなみにここで、

  • 化粧水って最低限の量がいいんじゃないの?
  • 使いすぎたらむしろお肌が弱ったり、ふやけたりするんじゃないの?

と感じた方もいるかもしれません。

 

これに関してはLINE限定記事になってしまいますがまた別記事でまとめる予定で、

本記事ではあくまでも症状が改善した過程を掲載しています。

 

話を戻して、、じゃ「とにかく化粧水をたっぷり使えばいいんだ!」ということではなく、

自分に合った使い方もとても大切です。

[2]【重要】化粧水の使い方

化粧水をたっぷり使うといってもいろいろな方法がありますよね。

  • どんな化粧水がいいのか?とろみタイプ?シャバシャバタイプ?
  • たっぷりって具体的にどれくらいの量?
  • コットン使い?手でつけた方がいい?

ですね。

 

これらについて詳しく教えてもらいました。

化粧水タイプについて

化粧水は、

  • とろみタイプ
  • シャバシャバタイプ

ありますよね。

 

とろみタイプは浸透させるのにコツや時間がかかるみたいで早く肌を育てるにはシャバシャバタイプが楽でオススメだそうです。

 

私は元々↓こちら↓のシャバシャバタイプのセラミド化粧水を使っていました。

セラキュアローションレビュー

なのでアイテムは変えずこちらを使うことにしました。

関連記事:セラキュアローション詳しくレビュー!乾燥や使ったあとのお肌の様子など!

たっぷりってどれくらいの量?

化粧水をつけてお肌が冷んやりしたら肌に水分が入った合図だそうです。

コットン?手か?

いただいたアドバイスは、

看護師

できたらコットン使いの方が均一に大量に浸透できる研究があるそうなので今はコットン使いの方がいいかもしれません。

とのことでした。

 

なので私も初めコットン使いしてたのですが、何回もつけないと浸透しない感じがしたり、

化粧水のロスが気になったので・・・手でつけることに切り替えました。

 

 

上記の方法はあくまでも手段であって大事なのはそのやり方をしてお肌が変わるか?ということです。

 

なので変わればそのまま実行するし、変わらなければやり方を変えてみたりすることが大切だと考えていました。

 

ということで次章で実際に行った方法をご紹介します。

[3]痒み・赤みが改善されていく過程

1,【初期】とにかく化粧水をバシャ使い!

早速教わった方法をスキンケアに反映させました。

 

私が行った方法は、

  • 手に化粧水を5〜7滴出す
  • 顔にまんべんなくつける
  • 浸透するのを待って、、
  • ①〜②の過程を繰り返して肌が冷んやりするまで入れる
  • 後はいつも通りのスキンケア

でケアしてました。

 

看護師

手の場合は一回で浸透させられるのに限界があるのでポイントは回数です。

と教わっていたので、

私が使っている化粧水は3400円と安くはないので、もったいないですが・・

「一ヶ月で使い切ってもいい!」と覚悟を決めてとにかくたっぷりと使ってました。

 

するとすごいです!!!

 

三日ほどで痒みが治ってきてバシャ使いした翌日のテカリもましになっていたんです!!

 

やっぱり私のお肌は保湿不足だったんだな・・と痛感しました><

 

ただこのまま順調に回復してくれたらよかったのですが、、すんなりとはいきませんでした^^;

2,肌観察しながら化粧水の量を調節していく

しばらく経つとまた痒みや赤みが出てきてしまいました。

 

早速相談すると、考えられる要因として、

  • 手でつけることでお肌に均一に水分が入っていなかった
  • 水分の与えすぎ
  • 外的刺激

とのことでした。

 

アドバイスと照らし合わせ自分でもたくさん考えた結果、

まず「①手でつけることでお肌に均一に水分が入っていなかった」は化粧水をめちゃくちゃたっぷり使ってたので要因から外れるかな?と感じました。

 

ただ、

  • 「②水分の与えすぎ」→たっぷり使うをずっと続けていた
  • 「③外的刺激」→手でつけることで何回も顔をベタベタ触っていた
  • 「③外的刺激」→マスクを長時間つけた日があった

だったので当てはまるなと思いました。

 

ということで解決策として以下をしました。

 

まず「②水分の与えすぎ」ですが、

看護師

逆に水分の与えすぎで痒くなるのであれば肌が育ってきている証拠なので、朝は化粧水の量を減らすなどをしてみてください。

とアドバイスをいただきました。

 

確かに夜、化粧水をバシャつけした後、逆にプツッと小さいデキモノができてしまったので・・

「もうそこまで化粧水必要ないかも?」と感じました。

 

なので朝のスキンケアで化粧水は少なめにしてみることにしました。

 

次に「③外的刺激」ですが手でつけることで何回も顔をベタベタ触っていたことで、

刺激を与え肌が育つのを邪魔していた可能性が高いのでコットンで三周までにしました。

 

私的にオンラインエステ利用し始めた頃はとにかく保湿不足で顔を触る回数が多くても化粧水がしっかり浸透すれば改善されたけど、

ある程度肌が育ってきたら化粧水の入れすぎや触りすぎがよくなかったのかも、、と感じました。

 

上記のことを気をつけながら、自分のお肌をよ〜く観察しながらスキンケアを行っていました。

 

例えば朝のスキンケアの化粧水を少なめにして日中痒みや乾燥を感じたら次の日の朝は化粧水を多めにしたり、、と調節してました。

 

すると順調にお肌も回復していき、ちょうどオンラインエステが終わる頃くらいには敏感に傾きかけてたお肌も元に戻ってきたんです^ ^

 

また痒み出たらどうしよう?とも思いましたが、、すごいです!!

 

髪がかかっても痒くないし、ちゃんと改善されたようです^ ^

 

今もその状態を維持できています。

[4]現在、赤み・痒みが全く出ていないです!

オンラインエステを利用してからもう二ヶ月以上経っていますが、、

全く赤みや痒みなどのライトな湿疹症状が出ていません^ ^

 

マスクをする日もありますが以前と違ってマスクしても肌荒れもしていないですし、

現在妊娠中で妊娠中は肌荒れしやすいと聞くのですが湿疹症状も出ていないです!

 

それに湿疹症状が出なくなっただけでなく、スキンケアの方法を変えたことで以前より翌朝のお肌もふっくらしているし、毛穴もキュッとしまっているんです!!

 

使っているアイテムは変えてないのに自分に合った化粧水で自分に合った量を使うことって大切なんだなあ、、とものすごく実感しました。

 

またいかにスキンケアを適当にしていたかも痛感しました^^;

 

自画自賛する気は全くないのですが私が湿疹改善できたポイントとして自分でもめちゃくちゃ考えたことも大きいと思います。

 

直接肌を見れるのはエステティシャンの方ではなく私なので、

  • とにかく観察して状況を報告
  • 貰ったアドバイスを検証かけていく

を繰り返してました。

 

エステティシャンの方にも、

看護師

本当に自分の肌としっかり向き合って頑張ってくださったし、自分の肌を検証するのは人によっては全然理解できなかったりするんですが、それもきちんと理解してくださった。

と言っていただけました。

 

もちろんオンラインエステを利用したことも大きなきっかけですが、あくまでもきっかけであって、

有料だからといって「なんでなんで??」とおんぶに抱っこ状態では改善されなかったかもしれません^^;

 

前回の湿疹の記事でも書きましたが「自分の肌と向き合う」ことはめちゃくちゃ大切だと思います。

 

あと、超参考程度に私が使用していた朝晩のスキンケアを次章でご紹介します。

[5]湿疹中のスキンケア

有料のオンラインエステといっても直接お肌を見て貰える訳ではないですし立場上、特定の化粧品をオススメすることはないでそうです。

 

アドバイスとして強めの成分やエイジング系の化粧品にこだわるのは肌が育ってから!とのことだったので、改善するまでは基本の保湿スキンケアを使っていました。

 

私はこれまで使っていたものをそのまま使いました。

ですね。

 

クリームは元々エバメールのものを使っていたのですが、キュレルの潤浸保湿フェイスクリームもめっちゃよかったです!

 

エバメールもよかったのですがキュレルのクリームは擬似セラミドが配合されていて、

擬似セラミドを使うことでアトピー性皮膚炎の症状に変化があったという結果もあるそうです。

 

なので改善されてからも念の為使用していました。

 

朝は最後にバームやワセリンをオススメされたのでイハダの薬用クリアバームを薄く塗ってました。

 

スキンケアの選び方として、

看護師

セラミドにこだわらずその化粧水が自分に合っているかどうかで選んでいきましょう!

とアドバイスいただいたのですが個人的にはラミド入りのものがいいかなあ?と思い、一旦はセラミドのものを選んでました。

関連記事:#11 美肌とはどのような状態なのか?〜なぜセラミドは支持されるのか〜(LINE限定)

 

ただ化粧水でも製品によっては全く浸透しなかったりもするそうなので、注意して選ぶ必要があると思います。

 

ちなみにオンラインエステを受ける前は化粧水を三滴ほどしか使っていなかったので化粧水が減るペースも少なかったのですが、、

 

今はしっかり使うようになり、ランニングコストが上がってしまったので・・・

なんとかランニングコストを下げるために今プチプラのセラミド化粧水をいろいろ漁っております。

 

たくさん使ってからまたいろいろレビューします^ ^

[6]さいごに

前回の湿疹の記事と被ってしまいますが、やっぱり原因を一つ一つ考えていくことが大切だと思います。

 

例えばニキビが治らない場合、

  • どんな食生活をしているか?
  • 内臓が弱っていないか?

などスキンケアだけではなく考えられる要因はいろいろあります。

 

また肌荒れや湿疹が治らない場合、クレンジング・洗顔などの落とすケアを見直したら改善されることも多いです。

 

私は元々洗いすぎないように落とすケアにしっかり気をつけていたので改善するポイントが化粧水の量だけでした。

 

なので化粧水の量を調節することも大切ですが、洗顔やクレンジングを洗浄力の強いものを使われている場合、

まずはそちらから見直してみるのもいいかもしれません。

 

 

では長くなりましたが・・

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

Share

関連キーワード

    コメントを閉じる

    コメントを残す

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください